会社を辞めたい俺が、それでも「通勤時間って大事かも」と思う理由

公開日: : 仕事観

 

特に休日の朝に思うんですよね。

通勤時間って意外と大事なものかもしれないって。

 

移動にはできるだけ時間を掛けたくないと思う性格なので
一番通うことになる会社にできるだけ近いところにアパートを借りて住んでいます。

 

おかげで、郊外の会社なので車通勤とはいえ、通勤時間は10分以下で済んでいますが…

 

それでもこの10分足らずの通勤時間が割と大事なんだなーと休日の朝に思うんですよ。


 

その理由は、やる気が出てくるための時間じゃないかと思うからです。

 

 

休みの日

いつもよりずっと遅い8時とか9時とかに布団から出て
朝食とも昼食ともつかない食事をとりつつPCの前に座ってマウスをカチカチ。

 

顔を洗ったとは言ってもまだ頭はぼーっとしてて、難しいことは考えられなくて
何となく見てみるサイトはヤフーニュースとかまとめサイトとかちょっとしたものばかり。

 

こんな状態でブログなんか書けるわけもなく
記事を書くために必要なインプットを効率的に取得することもできるはずがありません。

 

何となく気になったページやニュースをつらつらと見てみながら
ひどい時はエロサイトなんか覗いてみたりして、すっかり休日の無駄遣い状態。

 

しかしこれが平日だと、もちろん会社があるわけですからそんなことできないですね。

 

ただ、平日だろうが休日だろうが
朝起きた状態ってそんなに変わらないと思うんですよ。

違うのは、その日が休みか出勤かの差からくる嫌な気分かどうかで

 

でも出勤の嫌な気分も、会社につくとそんなことを言ってもられないので
嫌なりにその日の業務に当たるわけです。

こう考えてみると、会社についたら一応嫌でもやれるくらいのやる気が出せているのは
通勤時間があるからじゃないか?と思ったりするんです。

 

つまり、通勤中の無心な状態や、あるいはその日の段取りなんかを考えている状態が
最低限のやる気を出させることに繋がっているんじゃないかと。

 

だから通勤時間のない休日の朝というのはなかなかやる気が出なかったりするんじゃないかと、
そんなことを思ったんです。

 

ベッドから出てものの1,2歩で椅子に座って目の前にモニタがあるという状況じゃ
「通勤時間」は1秒以下。

起きてからPCの前に着くのに何にも自分の中での変化は起こっていません。
ただ何となく椅子に座って、何となく電源を入れて、何となく適当なページを見てるだけ。

 

それでどうやってやる気が出るというのでしょう。

 

…なんてことを考えてみると、通勤時間ってものは意外と大事なのかなあと。

 

 

だからって満員電車に揺られて1時間以上もかかる通勤でやる気なんか出るわけはないんでしょうけど。

特別に負荷の大きいものでない状態で通勤できるなら、ある程度の通勤時間というのは
やる気を出すために意外と効果を果たしていたのかもしれませんね。

関連記事

入社3年目に色々本気になった俺が感じた「とりあえず3年」の意味と効果

photo credit: SalFalko via photopin cc

記事を読む

【バーロー】姿形が急に変わった時、どうやって「俺」であることを証明するか

『名探偵コナン』を読んでいてふと思いました。 裏組織の人間に飲まされた薬のために身体が

記事を読む

就職先を選ぶ時の基準にこういうのはどうでしょう。

就職活動でも転職活動でも、どんな仕事に就こうかとする時に考えてみたらいいんじゃないかと思う

記事を読む

自分が働くようになってから、自分が客になる時の意識が変わった話

photo credit: epSos.de via photopin cc 変わったんで

記事を読む

俺の中で仕事への意識を変えてくれた1つの言葉

    色んなビジネス書だとか自己啓発書がありますが、その中

記事を読む

新入社員の働き方―まずは迷惑をかけるのが仕事

photo credit: Alex E. Proimos via photopin cc

記事を読む

仕事のために休むのか、休日のために働くのか

入社してまもなくの頃、大学の同期から言われた言葉です。 「お前は仕事のために

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑