得意分野を深めるだけでは、使い捨てられるだけ。

公開日: : 記事クリップ ,

PAK82_katadukewasuretasakkab20140102500

専門家が捨てられる時代がやってきた 茂木 健一郎:世界一の発想法:PRESIDENT Online – プレジデント

専門家が捨てられる時代――

ダイバーシティによる多様性だとか、様々なニーズに応えるための様々な能力だとか、ニッチな領域を深めていくことによるポジションの確立だとか、そんな話を今までよく耳にしていたが、この記事はそれに一石を投じるものであった。

専門家は代替可能である。

必要なのは、専門家と繋がりがあって、何かの課題に対してそれを解決できる適切な専門家を紹介できる人である。

すなわち、そうしたコネクションや場を持っている、作ることの出来る人こそが、これから価値が増してくるということらしい。

確かにその通りと思える内容なのだが、会社が嫌で、自分の得意な領域で頑張ってみようとしている身にとっては、結構な衝撃であった。


しかし、それならば自分も何かの専門家でありつつ、さらに別の専門家と知り合いということのほうがより価値が高いのではないだろうか。

ソーシャル時代になっていろんなタイプの人と知り合うことが可能となったが、この記事自体もそれを念頭に置いたものであることは確かだろう。しかし、そこでの「専門家とつながりのある人」が必ずしも単なる一般人でなければならない理由はないはずである。

自分も何らかの専門家でありつつ、別の分野の専門家とも交流がある。そのほうが、より高度な付き合いも課題解決も可能となるのではないだろうか。

関連記事

CS(顧客満足)に代わる新たなる指標が実に合理的

顧客満足度が効かない! 消費者の潜在意識を浮き彫りにする 新指標が注目される理由|IT&ビジ

記事を読む

no image

「若者」はどうやったら何かに取り組もうとするのか?その考え方の1つのヒント

ニートを信じ、女子高生をリスペクトするということ “マネジメント”からの逃走 第1回:PRESIDE

記事を読む

no image

飲み会での注ぎ回りを考える

飲み会のお酌問題は、実は文化的な衝突 ぶっきらぼうな口調で書いてありながら、

記事を読む

不満があるのならそれを言ってしまうのが一番早い、という話。

現状を変えるために真実を語って「失うもの」 | ピーター・ブレグマン/HB

記事を読む

no image

所謂就職活動も採用活動も完全に間違ってることに今更気がついた件

就活とは「自分が手伝いたい企業」を探すこと 定義を誤ると苦戦する | 企業インサイダー | キャリコ

記事を読む

新卒一括採用っていい加減何とかなんないの?

photo credit: Dia™ via photopin cc  

記事を読む

自分の武器を知っていれば苦情も利益に繋がる

          「苦情」はカネ

記事を読む

「レジリエンス」の必要性とその理解に足りないもの

  レジリエンスとは、失敗に挫けずに学習する「個人と組織」のマネジメントとリーダ

記事を読む

報告連絡相談が生産性を下げていたりする。

オフィスの「ちょっと一瞬

記事を読む

no image

意外と日本ではサービスのレベルが低下しているかも、という話

日本企業から最高のサービスが失われていくメカニズム~クレーム対応向上の代償(1/2) | ビジネスジ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑