「何事も経験だ」と言って面倒事を押しつける人たち

公開日: : 最終更新日:2013/11/16 毒吐き

よく言われる価値観である。

「何事も経験」「何事も勉強」
「やってもみないでごちゃごちゃ言うんじゃない」

確かに正しい側面もあるだろう

やってみて初めてわかることもあるだろうし
本当に面白いか楽しいかどうかはやってみなければわからなかったりするのだ

しかし、これが会社で言われるようになると話が違ってくることがある

急用が入ったからといきなり社長から
何月何日のどこそこである行事に上司と一緒に行ってくれと言われたり

会社の知名度をあげたい社長が女子社員に地元のミスコンへ応募を薦めたり

これらはすべて業務上の指示ではなく
あくまで単なる「お願い」または「提案」という形式を取る

しかし実際は会社での立場を背景にした命令も同然で
拒否すれば待っているのは鬱陶しい説教と給料の減少である

最悪のケースとして、それが切っ掛けで陰険ないじめのような扱いが始まって
退職を暗に強要されることにもなりかねない

そんな面倒事を持ってくる人たちが決まって口にするのが
冒頭のセリフである

「何事も経験」
「何事も社会勉強」
「君のためにもなることだ」

鬱陶しいにも程があるのである

「何事も経験」とか言って
ただ面倒なだけの行事や思いつきに付き合わされるのは
この上なく貴重な自分の時間を奪われること だと思うのである

休日をただ単に寝るだけだったり
ぶらぶら飲み歩くだけだったり
無為に過ごすだけならそういう行事に参加する方が
まだ有意義かもしれない

しかし、本人が何かはっきりと目指しているものがあって
そのための何かをするのに時間を使いたいと思っているなら
それを優先していいはずだ

「何事も経験」などと言うのは
本人の目指すものや見据えている先からすればつまらないものである

確かに、どんなことでも経験してみれば新しい気づきがあったりもするだろう

しかし、何かやりたいことや目標を見つけてそれに向かって頑張っている者もいるのに
そういう人を捕まえて何が関係あるのか分からない、直接的にはただ会社の都合だけの
面倒なイベントに行かされて経験もへったくれもあるわけがないのである

そこでの経験がその目標の役に立つかもしれないじゃないか、などというのは
単にゼロではない確率をことさらに強調するだけの詭弁だ

役に立つかもしれないとは役に立たないこともあると言うことで
実際には立たない時の方が多いものだ

そんな小さな可能性を求めるよりも
自分で気がついた、もっと直接に関係のある勉強なり何なりをやっている方が
よほど役に立つだろう

逆に言えば、そういう自分のやりたいことや目標が見つかっていなければ
そんな面倒なことを言われても反論する理由を1つ失うということだ

休みを寝て過ごすよりも
マンガやゲームに興じているだけよりも
どこかに行った方が自分のためになるが

それよりも自分で見つけた目標のために自分で努力している方がよほどためになるのである

早くそういうものを見つけた方がいい

というのが、今回の話なのだが

それを会社に言えるかどうかはまた別の話になってしまうのが悲しいところである

関連記事

no image

「継続は力なり」は本当のことだ

ことわざというか慣用句というか とにかくそういうものに分類される表現の1つに 「継続は力なり

記事を読む

一番大事な物はお金ではなかった

    基本的には遊ぶことしか考えていなかった大学時代と違っ

記事を読む

カラオケには凄い自己紹介力がある

最近行ってないな… なんてことはまあどうでもいいとして。 カラオケ

記事を読む

社員満足度調査で聞いてみたい質問――働きやすさ編

もしも会社で社員満足度調査を実施するとなった時に、ぜひとも聞いてみたい質問を考えてみる記事の第

記事を読む

忘年会・新年会 会社の飲み会でのめんどくさい挨拶回りにあった意外な効果

  忘年会シーズンですね。   こういう時期はいつも憂

記事を読む

会社のためになることが自分のためになるとは限らない

何事も経験だって言って、何かと面倒事を持ってきたり押し付けてきたりする人がいますね

記事を読む

社員満足度調査で聞いてみたい質問――人間関係編

最近ようやく言われるようになってきた「社員満足」 おもてなし経営とかが流行り始めて、そ

記事を読む

no image

「何を言ってるか」より「誰が言ってるか」が重視される方がいい

  よく言われますよね。 「誰が言ってるかじゃない、何を言ってるかで判断しろ」

記事を読む

俺が「会社員」に向いてない3つの理由

皆さん今日もお仕事お疲れ様です。日曜日だったので幸運にも俺は休みだったんですけど、普通に出

記事を読む

社員満足度調査で聞いてみたい質問――ロイヤリティ編

社員満足度調査で聞いてみたい質問を考える第3弾です。 第1弾は「人間関係編」。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑