「継続は力なり」は本当のことだ

公開日: : 最終更新日:2013/11/16 毒吐き

ことわざというか慣用句というか
とにかくそういうものに分類される表現の1つに

「継続は力なり」

というものがある。

会社を辞めることを目指して色々と試している今現在
この言葉は真実であるということを強く実感するのだ。

同じ意味を言っているのだが違う表現の言葉にも出会ったことがある。

どこで出会ったかは忘れてしまったが
言葉だけしっかり覚えている。

誰にでもできることを誰にもできないくらい続けること。

そうするとそれが力になるのだという。

これがまさにその通りだと思うのだ。

プロフィールにも書いたここの前からやっているブログでは
3か月毎日更新することをどうにか達成できて、
今も1日も穴を空けずに何とか記事を書き続けられているのだが
そのおかげでアクセス数はちゃんと増えてきている。

特にSEOといったことは気にせず、何もしていないも同然なのだが
関係するワードでの検索では結構1ページ目に来てくれているようだ。

 

やはり一番いい検索エンジン対策というのは
記事を書き続けていくということになるのだろう。

話を戻そう。

誰でもできることを誰にもできないくらい続ける。

どのくらい続けたら「誰にもできないくらい」なのかはわからないが
とにかく続けることが大事と言うことだ。

続けるためには続けられることでなくてはならない。

毎日の義務としてイヤイヤやっていては
そのうちやる気が完全にゼロになって放置してしまうだろう。

続けられると言うことはそれが苦ではないということで
好きなことでなくてはならないのだ。

好きなことなら、晩飯もそっちのけでゲームに没頭していられるように
毎日続けることができるはずである。

そしてもう1つ大事なことがある。

続けるためには、まずその前に始めなければならないと言うことだ。

取りかかっていないことを続けることは不可能である。

自分の好きなことを前提として
どんなことなら続けられそうと思うのか、
どんなことなら続けようと思えるのか。

そこを見つける(決める)ことが肝心なのだ。
そこがはっきりしないことには何も始まらないし何も起こらない。

さらに大事なことを挙げるとすれば、

続いているということは、それだけの期間が掛かっているということだ。

1週間続けるためには、今日から始めれば来週に実現できるが
来週から始めれば再来週の実現ということになる。

今日から始めていれば再来週は2週間続いていることになるのに。

3か月続いている、ということを実現するには
今日からやれば3か月後に達成だが、
来月から始めれば4か月後になる。

今日から始めていれば4か月連続ということになるのに、である。

つまり、続けようとするならば早く始めた方がいいということだ。

始めたのが何時かによって、同じ日付での達成度合いが違うのだから。

関連記事

社員満足度調査で聞いてみたい質問――ロイヤリティ編

社員満足度調査で聞いてみたい質問を考える第3弾です。 第1弾は「人間関係編」。

記事を読む

人として最高の上司に出会えた。反面教師的な意味で。

今の上司に出会えて、本当に良かったと思っている。見ていてこんなに勉強になる上司はな

記事を読む

忘年会・新年会 会社の飲み会でのめんどくさい挨拶回りにあった意外な効果

  忘年会シーズンですね。   こういう時期はいつも憂

記事を読む

カラオケには凄い自己紹介力がある

最近行ってないな… なんてことはまあどうでもいいとして。 カラオケ

記事を読む

一番大事な物はお金ではなかった

    基本的には遊ぶことしか考えていなかった大学時代と違っ

記事を読む

no image

「何事も経験だ」と言って面倒事を押しつける人たち

よく言われる価値観である。 「何事も経験」「何事も勉強」 「やってもみないでごちゃごちゃ言う

記事を読む

社員満足度調査で聞いてみたい質問――人間関係編

最近ようやく言われるようになってきた「社員満足」 おもてなし経営とかが流行り始めて、そ

記事を読む

no image

「何を言ってるか」より「誰が言ってるか」が重視される方がいい

  よく言われますよね。 「誰が言ってるかじゃない、何を言ってるかで判断しろ」

記事を読む

会社のためになることが自分のためになるとは限らない

何事も経験だって言って、何かと面倒事を持ってきたり押し付けてきたりする人がいますね

記事を読む

俺が「会社員」に向いてない3つの理由

皆さん今日もお仕事お疲れ様です。日曜日だったので幸運にも俺は休みだったんですけど、普通に出

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑