不満があるのならそれを言ってしまうのが一番早い、という話。

公開日: : 記事クリップ

LIG86_konnakaisyayameteyaruwa500

現状を変えるために真実を語って「失うもの」 | ピーター・ブレグマン/HBRブログ|DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー

会社で、学校で、部活で、仲間内で、いろんな集団やグループの中で普通に起こりうるありふれた問題。誰かと反りが合わずに、かと言って本人にそれを指摘も出来ずに1人で思い悩んでしまう悶々とした状態。

この記事に書かれているのは、そんなありふれた不健康な状態を改善・解決するのに最も単純で最もわかりやすく、そして最も効果のある対応策である。

記事のタイトルにもなっているが、それこそが「真実を語ること」。

要するに、「思っていることYOU言っちゃいなよ」ってことである。

そんなことができれば苦労はないというのが普通の反応なのだが、しかし、よく考えなくてもわかるように、不満があるのならそれを伝えてしまうのが一番手っ取り早いことは誰でも理解できるだろう。

一番手っ取り早いというのは、状況を解決するのにも、講じる手段としての(物理的な)実行難度としても、である。

邪魔するものがあるとすれば、それはもちろん感情的なハードルだろう。その相手が上司であっても友人であっても、思っている不満を直接伝えることは勇気がいることだ。

記事では、その感情的ハードルに対してどう向き合うかということも触れられている。というかむしろそれこそが本題だ。

言えない不満を抱えて葛藤している人に、1度読んでもらいたい記事である。

関連記事

no image

「若者」はどうやったら何かに取り組もうとするのか?その考え方の1つのヒント

ニートを信じ、女子高生をリスペクトするということ “マネジメント”からの逃走 第1回:PRESIDE

記事を読む

ダメなチームをデキるチームにする必勝パターンがあるらしい

ころころころころ | もう定年してますが、郵便局の管理職歴うん十年

記事を読む

no image

意外と日本ではサービスのレベルが低下しているかも、という話

日本企業から最高のサービスが失われていくメカニズム~クレーム対応向上の代償(1/2) | ビジネスジ

記事を読む

CS(顧客満足)に代わる新たなる指標が実に合理的

顧客満足度が効かない! 消費者の潜在意識を浮き彫りにする 新指標が注目される理由|IT&ビジ

記事を読む

「レジリエンス」の必要性とその理解に足りないもの

  レジリエンスとは、失敗に挫けずに学習する「個人と組織」のマネジメントとリーダ

記事を読む

新卒一括採用っていい加減何とかなんないの?

photo credit: Dia™ via photopin cc  

記事を読む

no image

飲み会での注ぎ回りを考える

飲み会のお酌問題は、実は文化的な衝突 ぶっきらぼうな口調で書いてありながら、

記事を読む

残業代ゼロなんてますます俺たちが苦しくなるだけ…

  残業代ゼロ法案は真面目な社員ほどバカを見る結果になる。 榊 裕葵 : シ

記事を読む

報告連絡相談が生産性を下げていたりする。

オフィスの「ちょっと一瞬

記事を読む

自分の武器を知っていれば苦情も利益に繋がる

          「苦情」はカネ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑