「若者」はどうやったら何かに取り組もうとするのか?その考え方の1つのヒント

公開日: : 記事クリップ

ニートを信じ、女子高生をリスペクトするということ “マネジメント”からの逃走 第1回:PRESIDENT Online – プレジデント

少し前から話題の「ニート株式会社」とか、役所内に新設された「jk課」をめぐる話だが、これがなかなか興味深い視点がある。

それが以下の部分。

「ニート」と呼ばれる若者たちに対して、「君たちを助けてあげよう」「社会に戻してあげよう」「就労支援してあげよう」などという態度になりがちです。これが一番の大きなズレだと思います。なぜ社会や大人たちが「正しく」て、ニートと呼ばれる彼らは「間違っている」「劣っている」というのが前提なのでしょうか。

ニートは世間的に間違っているという前提の価値観。たしかによく考えて見れば、この前提は会社で働くことを代表的な人生観とする「常識」的な価値観に基づいているものです。
ニート本人たちもその価値観が存在していることを理解していて、自虐的な意味も込めて「自分は社会不適合者だ」といった言い方をすることもあるでしょうが、しかし、真面目に考えてみた時、その価値観は初めから「普通の人」とニートを二分して理解するものであることがわかります。その区別には実はそこまでの理由は存在していないのに、です。

「jk課」も同じ考え方に基づいているそうです。「jk」という言い方は、いい意味で使われることはあまりなく、極端に言えば「最近の若者」とほとんど同義的に使われることさえあります。
しかしそれは「大人」側の話で。

当の女子高生たちはが「jk」という表現に対して特にネガティブなイメージを抱いていないとしたら、そこに認識のズレが有ることになります。

だからあえて「jk課」という名称が採用された。
普通の人たちがいかにマイナスのイメージを抱くとしても、主役になってほしい彼女たちの理解を尊重して「jk」との表現が使われることになった。

実にいいですね。

こうした考え方による取り組みが促進するのが、「自分には関係ない」という無関係意識の排除でしょう。

それは、「社会の一員である以上、必ずお前にも関係のあることなんだよ」なんていうつまらない正論ではなく、「お前がやってくれるといい方向に進むはずなんだよ」という積極的な評価。

こうした形で自分たちを認めてくれる人が現れたとしたら、jkだってニートだって、そりゃあ「じゃあやってやるよ」って気持ちになっておかしくありません。

これはなかなか先が楽しみな取り組みですね。

関連記事

ダメなチームをデキるチームにする必勝パターンがあるらしい

ころころころころ | もう定年してますが、郵便局の管理職歴うん十年

記事を読む

「レジリエンス」の必要性とその理解に足りないもの

  レジリエンスとは、失敗に挫けずに学習する「個人と組織」のマネジメントとリーダ

記事を読む

報告連絡相談が生産性を下げていたりする。

オフィスの「ちょっと一瞬

記事を読む

CS(顧客満足)に代わる新たなる指標が実に合理的

顧客満足度が効かない! 消費者の潜在意識を浮き彫りにする 新指標が注目される理由|IT&ビジ

記事を読む

残業代ゼロなんてますます俺たちが苦しくなるだけ…

  残業代ゼロ法案は真面目な社員ほどバカを見る結果になる。 榊 裕葵 : シ

記事を読む

no image

意外と日本ではサービスのレベルが低下しているかも、という話

日本企業から最高のサービスが失われていくメカニズム~クレーム対応向上の代償(1/2) | ビジネスジ

記事を読む

得意分野を深めるだけでは、使い捨てられるだけ。

専門家が捨てられる時代がやってきた 茂木 健一郎:世界一の発想法:PRESID

記事を読む

たとえば就職活動ではこんなことを意識したらどうでしょう

photo credit: thinkpanama via photopin cc &n

記事を読む

新卒一括採用っていい加減何とかなんないの?

photo credit: Dia™ via photopin cc  

記事を読む

no image

絵本が作り出す幸せな時間は、新たなる戦略によって生まれた

用事×感情に対処する(解説編)――絵本ナビ・金柿秀幸社長|バリュークリエイターたちの戦略論|ダイヤモ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑