たとえば就職活動ではこんなことを意識したらどうでしょう

公開日: : 記事クリップ

small_2247354856
photo credit: thinkpanama via photopin cc

 

 

自分を売り込む秘訣:実績ではなく「可能性」を武器にせよ | ハイディ・グラント・ハルバーソン/HBRブログ|DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー

実験によって、それまでの実績よりもこれからの可能性の方に人は大きな期待を寄せた判断を下す、ということが明らかになったそうです。

とすると、就活で「海外でボランティア活動を…」とか「生徒会で積極的な施策と提言を…」とか言ってみたところであんまり意味はなさそうですね。
いや、こんな実験結果がなくてもそういうアピールってどうなのよという気持ちはありますけども。

平たく言えば、実績を背景にしてこれからの可能性を語れ、ということなんでしょうね。
つまり、今までこういうことをしてきたからこれからはこういうことができそうですよと。

その時重要になるのは、根拠となる実績です。何をしていきたいのか、どんなことを担当したいと思うのかによって、その可能性を示す根拠となる実績を変えていないといけないのです。

何をしたいのかによって、積んでおく実績が違うのですね。だからって今から改めて実績重ねようとしたら就活には間に合わないでしょう。なので、自分が今までやってきたこと、すなわち実績がどんな可能性を示すのかということと、それが自分のやりたいことと通じるのかということを考えて動くと、また違った活動ができるんじゃあないでしょうか。

関連記事

no image

飲み会での注ぎ回りを考える

飲み会のお酌問題は、実は文化的な衝突 ぶっきらぼうな口調で書いてありながら、

記事を読む

報告連絡相談が生産性を下げていたりする。

オフィスの「ちょっと一瞬

記事を読む

no image

絵本が作り出す幸せな時間は、新たなる戦略によって生まれた

用事×感情に対処する(解説編)――絵本ナビ・金柿秀幸社長|バリュークリエイターたちの戦略論|ダイヤモ

記事を読む

「レジリエンス」の必要性とその理解に足りないもの

  レジリエンスとは、失敗に挫けずに学習する「個人と組織」のマネジメントとリーダ

記事を読む

no image

意外と日本ではサービスのレベルが低下しているかも、という話

日本企業から最高のサービスが失われていくメカニズム~クレーム対応向上の代償(1/2) | ビジネスジ

記事を読む

CS(顧客満足)に代わる新たなる指標が実に合理的

顧客満足度が効かない! 消費者の潜在意識を浮き彫りにする 新指標が注目される理由|IT&ビジ

記事を読む

no image

所謂就職活動も採用活動も完全に間違ってることに今更気がついた件

就活とは「自分が手伝いたい企業」を探すこと 定義を誤ると苦戦する | 企業インサイダー | キャリコ

記事を読む

no image

「若者」はどうやったら何かに取り組もうとするのか?その考え方の1つのヒント

ニートを信じ、女子高生をリスペクトするということ “マネジメント”からの逃走 第1回:PRESIDE

記事を読む

自分の武器を知っていれば苦情も利益に繋がる

          「苦情」はカネ

記事を読む

新卒一括採用っていい加減何とかなんないの?

photo credit: Dia™ via photopin cc  

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑