意外と日本ではサービスのレベルが低下しているかも、という話

公開日: : 記事クリップ

日本企業から最高のサービスが失われていくメカニズム~クレーム対応向上の代償(1/2) | ビジネスジャーナル

おもてなし経営とかに会社が興味持ち始めて、俺もそれを推進する委員会のメンバーとなっちゃいました。
なのでそれ関係の記事も割とチェックするようになったんですが、この記事は日米の対比で非常に一般的というかわかりやすい事例が紹介されているので、入り口としてよさそうという意味で、エバノにクリップ。

現場の決裁権限なんてほんと、うちの会社でもまったくありません。「その場その場で状況に応じて臨機応変に」なんて言ってても、実際はお伺いを立てずにやっちゃうと後から呼び出しを食らいます。結果がいい方向に転がってればまだマシですが、裏目に出てたらもう悲惨ですね。

だからって、日本でも現場に決済権を与えろって短絡的な解決法では済まないのは記事中でも指摘されている通り。

難しいところです、。

関連記事

no image

所謂就職活動も採用活動も完全に間違ってることに今更気がついた件

就活とは「自分が手伝いたい企業」を探すこと 定義を誤ると苦戦する | 企業インサイダー | キャリコ

記事を読む

報告連絡相談が生産性を下げていたりする。

オフィスの「ちょっと一瞬

記事を読む

ダメなチームをデキるチームにする必勝パターンがあるらしい

ころころころころ | もう定年してますが、郵便局の管理職歴うん十年

記事を読む

不満があるのならそれを言ってしまうのが一番早い、という話。

現状を変えるために真実を語って「失うもの」 | ピーター・ブレグマン/HB

記事を読む

no image

飲み会での注ぎ回りを考える

飲み会のお酌問題は、実は文化的な衝突 ぶっきらぼうな口調で書いてありながら、

記事を読む

no image

絵本が作り出す幸せな時間は、新たなる戦略によって生まれた

用事×感情に対処する(解説編)――絵本ナビ・金柿秀幸社長|バリュークリエイターたちの戦略論|ダイヤモ

記事を読む

no image

「若者」はどうやったら何かに取り組もうとするのか?その考え方の1つのヒント

ニートを信じ、女子高生をリスペクトするということ “マネジメント”からの逃走 第1回:PRESIDE

記事を読む

自分の武器を知っていれば苦情も利益に繋がる

          「苦情」はカネ

記事を読む

得意分野を深めるだけでは、使い捨てられるだけ。

専門家が捨てられる時代がやってきた 茂木 健一郎:世界一の発想法:PRESID

記事を読む

「レジリエンス」の必要性とその理解に足りないもの

  レジリエンスとは、失敗に挫けずに学習する「個人と組織」のマネジメントとリーダ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑