カラオケには凄い自己紹介力がある

公開日: : 最終更新日:2015/01/08 毒吐き

NKJ52_karaokeutauonnanoko500
最近行ってないな…
なんてことはまあどうでもいいとして。

カラオケっていう遊びは、実はものすごく自己紹介に都合のいいものじゃないかと思ったのです。

1曲歌いきれるほどにその曲を聞いているという事実

というのもですね。
頭から終わりまで、その曲をひと通り歌いきれるっていう事実が示すものに気がついたんですよ。

つまりは、それくらいその曲をずっと聞いてるってこと。
つまり、ずっと聞いてられるくらいその曲が好きだってこと。

「俺はこういう曲が好きな奴なんだ」という何よりの表現になるんですね。

例えば難しいラップが入ってる曲だったり、難しい英語の歌詞とかあったりする曲とか、そんな曲を歌えるとすれば、それだけその曲を好きで聞きまくってるってことですよね。

どんな曲を歌えるかということが、普段聞いてる音楽を示すことになるわけです。

しかもそれは大体1曲だけなんて話ではなく、何曲かあったりして、意外と好きな曲のタイプが絞られることになります。

ギャップもそういうところから見出せたりしますよね。おとなしそうな人がイケイケなラップ曲をすげえ早口で唱ってたりとか、普段は軽いノリの人が何かしっとりしたバラード唱ってたりとか「マジで?」っていう感じになれるアレ。

「お前そんな曲唱えんの?」って思うのは、つまり「お前そんな曲も聞くの?」ということと同義だったりします。

だからカラオケにはすごく「自己紹介」に適しているところがあるなあと思ったんですよ。

だから、歌詞も全然覚えてない曲を勢いだけで歌おうとする人がすごく頭悪そうに見えてしまうことがたまにあったりなかったり。

関連記事

no image

僕が電話を嫌いな理由

電話が掛かってくるのが嫌いだ 独り暮らしで部屋に固定電話を引いてなくて携帯電話がないと 親や

記事を読む

社員満足度調査で聞いてみたい質問――ロイヤリティ編

社員満足度調査で聞いてみたい質問を考える第3弾です。 第1弾は「人間関係編」。

記事を読む

no image

「何事も経験だ」と言って面倒事を押しつける人たち

よく言われる価値観である。 「何事も経験」「何事も勉強」 「やってもみないでごちゃごちゃ言う

記事を読む

no image

「継続は力なり」は本当のことだ

ことわざというか慣用句というか とにかくそういうものに分類される表現の1つに 「継続は力なり

記事を読む

俺が「会社員」に向いてない3つの理由

皆さん今日もお仕事お疲れ様です。日曜日だったので幸運にも俺は休みだったんですけど、普通に出

記事を読む

no image

「何を言ってるか」より「誰が言ってるか」が重視される方がいい

  よく言われますよね。 「誰が言ってるかじゃない、何を言ってるかで判断しろ」

記事を読む

社員満足度調査で聞いてみたい質問――人間関係編

最近ようやく言われるようになってきた「社員満足」 おもてなし経営とかが流行り始めて、そ

記事を読む

忘年会・新年会 会社の飲み会でのめんどくさい挨拶回りにあった意外な効果

  忘年会シーズンですね。   こういう時期はいつも憂

記事を読む

会社のためになることが自分のためになるとは限らない

何事も経験だって言って、何かと面倒事を持ってきたり押し付けてきたりする人がいますね

記事を読む

部下や後輩への「本を読め」というアドバイスに意味がない理由

よく言われますよね。 上司とかからよく、「本を読め、そしたら成長できる」み

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑