会社のためになることが自分のためになるとは限らない

公開日: : 最終更新日:2014/06/22 毒吐き

LIG_h_dartssurudansei500

何事も経験だって言って、何かと面倒事を持ってきたり押し付けてきたりする人がいますね。鬱陶しいことこの上ないのに、それが会社内での立場を背景にした形でもたらされると余計にウザさが増します。

何がウザいって、そういう「提案」は大体「その方が君のためにもなるよ」という体を取ることなんですよね。

本当の理由は間違いなく、その話を持ってきた本人に都合がいいかまたは会社のためになる、というものなのが、それを隠してまるで完全なる善意に基づく提案であるかのように振る舞われる。

で、この形式がいやらしいのは「完全には間違ってない」ってことなんですよね。

そりゃあ経験することは血肉になるわけですから、ためにならないはずはありません。しかし、「どの程度のストライク率なのか」というのがそこには抜けています。

何でもかんでもどんなことでも経験することは勉強になることだとするなら、どんなことを経験するかは本人が選択していいはずです。どんなことを好むのか、どんなことを目指すのか、どんなものを欲するのか。そうしたことを決めるのは本人であるべきです。

しかし、主に会社とか上司とか面倒くさい連中は面倒臭いことを面倒くさい言い方で突きつけてくる。「こういう経験も勉強だよ」なんて完全には否定出来ない言い回しをされれば、こっちはどう反論することも出来ません。

「それを経験するよりも、自分のためにはもっと大事なことがあるのでそちらを経験したい」

なんてことが言えればいいんですが…

会社のためになることは自分のためになるとは限らない。だが、自分のためになることは会社のためになる。

これが真理だと思うんですけどねえ。

自分のためになること、すなわち自分が望んで経験したり勉強したりしていることは間違いなく会社のためになります。

どういう形であれ、社員の能力が向上することは会社にとって有益でないはずがないからです。

だったら、つまらない「提案」なんぞ押し付けずないでこっちの好きにやらせろよ、と思わずにはいられませんが…

ただし、それは「何が自分のためになるのか」を自分でわかっていなければ言えないことでもあります。

つまり、自分はどうなりたいのか、どうありたいのか、どうしたいのか、がわかっていなければ、または決まっていなければ、「君のためだよ」っつってもたらされる「提案」に面倒くさい以外の理由を言えないことになるわけです。

さすがにそれでは断る理由としては弱いですよね。

ですから、「何を経験することが自分のためになるか」がまだ見つかっていない人は、それを決めることが最優先となるでしょう。

ただし、見つかったからといって実際にそれを理由にしてウザい提案を断れるかどうかは別の話ですが…

関連記事

俺が「会社員」に向いてない3つの理由

皆さん今日もお仕事お疲れ様です。日曜日だったので幸運にも俺は休みだったんですけど、普通に出

記事を読む

社員満足度調査で聞いてみたい質問――ロイヤリティ編

社員満足度調査で聞いてみたい質問を考える第3弾です。 第1弾は「人間関係編」。

記事を読む

カラオケには凄い自己紹介力がある

最近行ってないな… なんてことはまあどうでもいいとして。 カラオケ

記事を読む

no image

僕が電話を嫌いな理由

電話が掛かってくるのが嫌いだ 独り暮らしで部屋に固定電話を引いてなくて携帯電話がないと 親や

記事を読む

社員満足度調査で聞いてみたい質問――人間関係編

最近ようやく言われるようになってきた「社員満足」 おもてなし経営とかが流行り始めて、そ

記事を読む

一番大事な物はお金ではなかった

    基本的には遊ぶことしか考えていなかった大学時代と違っ

記事を読む

忘年会・新年会 会社の飲み会でのめんどくさい挨拶回りにあった意外な効果

  忘年会シーズンですね。   こういう時期はいつも憂

記事を読む

no image

「何を言ってるか」より「誰が言ってるか」が重視される方がいい

  よく言われますよね。 「誰が言ってるかじゃない、何を言ってるかで判断しろ」

記事を読む

no image

「継続は力なり」は本当のことだ

ことわざというか慣用句というか とにかくそういうものに分類される表現の1つに 「継続は力なり

記事を読む

社員満足度調査で聞いてみたい質問――働きやすさ編

もしも会社で社員満足度調査を実施するとなった時に、ぜひとも聞いてみたい質問を考えてみる記事の第

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑