「何を言ってるか」より「誰が言ってるか」が重視される方がいい

公開日: : 最終更新日:2013/11/16 毒吐き

 

よく言われますよね。

「誰が言ってるかじゃない、何を言ってるかで判断しろ」って。

嫌いな奴から言われてることでも、正しい内容なら受け入れるべきだと。

この前上司にも言われました。

何かセミナーとか行かされた先でも、講師が同じこと言ってました。

 

正直、しょーもないとしか思えないです。

 

そんなことあるわけないだろと。

 

じゃあお前は、俺からお前の短所を指摘されたら素直に聞くのかと。

 

上司という肩書を背景にして言ってるだけだろと。
セミナーの講師だって、「何とかかんとかコンサル」みたいな肩書で頼まれてるんだろうと。

「誰が言ってるか」が重要じゃないなら、そもそもお前に話なんか来ないだろと。

そう思うわけです。

 

「誰が言ってるか」っていうのはつまり、言ってる内容の正しさを担保するものなんですよね。

 

年上でキャリアもあって上司の俺が言うことだから正しいと思って聞け。

何とかコンサルって肩書でそういう仕事を専門にしてる人だからセミナーを聞け。

そういう観念がすでに前提としてあるのに、「誰が言ってるかより何を言ってるかを重視しろ」とか言うわけです。

これって頭悪くないですか。

 

 

「誰が言ってるかが重要」

そう考えるようにすると、自分の普段の行動も気をつけることができるようになります。

自分の意見を「正しいもの」として人に聞いてもらうためには、普段から誠実でなければならないからです。

自分の言葉に説得力を持たせるためと言い換えてもいいでしょう。

ちゃらんぽらんな奴の話なんか誰もまともに聞いてくれるはずはありませんね。

でもちゃんとしてる奴の言葉なら、それなりに真剣に聞いてくれるはずです。

いつか来る、なにか声を上げたい時のために普段の行動には十分気をつけておけ。

そういうことですね。

関連記事

俺が「会社員」に向いてない3つの理由

皆さん今日もお仕事お疲れ様です。日曜日だったので幸運にも俺は休みだったんですけど、普通に出

記事を読む

カラオケには凄い自己紹介力がある

最近行ってないな… なんてことはまあどうでもいいとして。 カラオケ

記事を読む

人として最高の上司に出会えた。反面教師的な意味で。

今の上司に出会えて、本当に良かったと思っている。見ていてこんなに勉強になる上司はな

記事を読む

no image

僕が電話を嫌いな理由

電話が掛かってくるのが嫌いだ 独り暮らしで部屋に固定電話を引いてなくて携帯電話がないと 親や

記事を読む

no image

「継続は力なり」は本当のことだ

ことわざというか慣用句というか とにかくそういうものに分類される表現の1つに 「継続は力なり

記事を読む

社員満足度調査で聞いてみたい質問――働きやすさ編

もしも会社で社員満足度調査を実施するとなった時に、ぜひとも聞いてみたい質問を考えてみる記事の第

記事を読む

会社のためになることが自分のためになるとは限らない

何事も経験だって言って、何かと面倒事を持ってきたり押し付けてきたりする人がいますね

記事を読む

no image

「何事も経験だ」と言って面倒事を押しつける人たち

よく言われる価値観である。 「何事も経験」「何事も勉強」 「やってもみないでごちゃごちゃ言う

記事を読む

一番大事な物はお金ではなかった

    基本的には遊ぶことしか考えていなかった大学時代と違っ

記事を読む

忘年会・新年会 会社の飲み会でのめんどくさい挨拶回りにあった意外な効果

  忘年会シーズンですね。   こういう時期はいつも憂

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑